2009年08月16日

えーでぃーへんかん

ゆねゆねがアナログ作品の取り込みに悩んでいるので、同じ悩みを抱えている私としても書いておこう。

なんというか、上手く取り込めないんですよね。

紙なのでスキャナーだ!と思っても、色が抜けちゃう。
デジカメを使ってみると色は良いけど、影が円形についちゃう。

上手く行かないので格闘するも、やっぱり上手く行かないので時間はかかるし、絵は劣化しちゃうしで、なんか疲れちゃう。

疲れちゃって、絵を描く気力がなくなっちゃう。

私がデジタル彩色に原点回帰した原因です。


でも一応、私が頑張って考えた、なるべく綺麗に取り込める方法を書いておきます。

・紙に反射した光が均等な距離でレンズに入るように、なるべく離して撮影する
・わざと斜めから撮って、台形補正をかける
・色かぶりを取る
・補正とかかけてみる

1つめは拡大する必要があるのでボケます。
かなり良いカメラじゃないと折角の絵がぼやんとしてしまう可能性があります。

2つめは台形補正できるレタッチソフトと使いこなす腕が必要です。

3つめの色かぶりは簡単に取れます。

4つめの補正は、つまりコントラストとか明度とか色彩のことなんですけど、私は色彩補正を上げて元の色になるべく近くなるように悪あがきしてます。(笑

これを試しても、光源によってやっぱり微妙に影が入っちゃう (影のグラデーションがかかっちゃう) のですよ。
デジカメの性能ってのもあるとは思いますけどね〜

まあ、うまくいかないのがアナログなんですけどね。

……ちょっとは参考になるかな?
posted by かきえ at 09:26 | 日記 | Comment(3) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
私の悩みって
むしろかきえさんと同じ悩みだったんですねw

いや…それでも
私のブログ見てくださって
記事を書いてくれて本当にありがとうございますー♪

取り込みって言うのは絵をちゃんと描いても
実際の色じゃなく撮れちゃうので
ほんと悩みますよね

かきえさんの言うとおり
私もそれでせっかくいい色合いが出たのになぁ…
って思っちゃうのでモチベが保てないんですよね

せっかくなので
ひとつひとつ私も話していきますねw

遠くから撮影は確かに私も挑戦しましたww
ただやっぱり全体的に暗くなっちゃうんですよね…

台形補正ですかー
私は一応SAIで自由変形を駆使してできそうなんですが…

ちょっと3つめはとばして
補正も実際SAIでかけてみたんですが
かきえさんの言うとおり
全体的な影でどうしても陰影がハッキリでちゃうんですよね

なんというか…
「そのままの絵」が表現できないのがツライところですよね
そこさえクリアできればなぁ…

それでですね…
質問になってしまって申し訳ないんですが
色かぶりって私はあんまり聞いたことなくって…

何かな?と思ってしまいましたw
撮影場所の蛍光灯とかの光…?ですか?
Posted by ゆね at 2009年08月17日 00:21
あ…言い忘れてたw

トラバありがとうございましたー♪

私も何か共感したら
今度トラバしちゃいますね♪
Posted by ゆね at 2009年08月17日 00:24
> ゆねゆね

ゆねゆねの記事を読んで、まさに同じじゃん!と思ったので〜
折角綺麗に描けたのに、うまく取り込めなくて、劣化したのを公開せざるを得ないって、なんだかしょんぼりですよね。

全体的に暗くなってしまうだけであれば、コントラストと明度をいじれば改善できるかもですよ。

色かぶりは、その通りで、全体的にある色がかかってしまうものです。
蛍光灯だったら青、白熱灯だったらオレンジ、ある意味影も色かぶりですね。灰色の。
これはもともと白いはずの部分をスポイトで色取得して、その色単色で上にレイヤーをつくり、除算処理すればキレイに色かぶりが取れます。

……って、この説明でわかるかなぁ。

トラバはドンドンどうぞ〜
記事どうしを結びつけるものですしね!
Posted by かきえ at 2009年08月17日 08:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125800469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。